LEXUS CPOの中古車を値引き交渉するコツとおすすめ時期とは?

この記事は約 6 分で読むことができます。
Sponsored Links

LEXUS CPOでお目当ての車を購入したい!でも、値段がどうしても高いから中々決断できない・・・。そこで今日はちょっとでも安くするために値引き交渉方法とコツをご紹介します。

レクサスCPO

▶︎中古車の価格検索はこちら

  こんな記事も読まれてます  

Sponsored Links

レクサスの中古車を安く買うことはできるのか?

交渉

レクサスの認定中古車であるCPO(Certified Pre-Owned)は、高品質が売り物ですから、低年式の中古車は扱っていません。具体的には登録から8年未満となっています。

そして、登録から10年目までは新車という考え方なので、中古車ユーザーであっても新車のユーザーと変わらぬ扱いを受けるという徹底ぶりです。そのために、売値が高くなろうとも整備点検は入念にされており、納車前には車検の2倍以上となる90項目以上の点検・整備が実施されるほどですから、品質は間違いなく高く、新車同様のクオリティを保っているのは間違いありません。

したがってCPOのレクサス車の販売価格は、一般の中古車店で売られているものよりも一割程度高いのが普通です。もともとの価格が高いので、一割と言っても50~60万円の差になるのはざらなのです。そんな価格で売っていても買う人がいるのかとお思いでしょうが、多くの中古車ユーザーがCPOのレクサス車を購入しているのです。それが「レクサス」たる所以なのです。

正直言って、このCPOのレクサス車を値引きさせることは不可能に近いのです。割高なのは当然という販売手法であり品数も豊富。全国のCPOから選ぶことが出来るシステムなので、他の店舗との競合も無意味です。

それでも安く買うことは出来るはずです。

レクサスのCPO車を安く買うコツ

値引き交渉01

他にはない高品質なレクサス車を安く買うなら、同じような高品質のレクサス車と競合させるのが最も理想的です。

そうすればあとは価格だけの交渉に集中できます。それは、同店舗内においての、他の車との比較です。例えば2013年式のGSが400万円だとします。

お客さん

「このGSが気に入っているんですけど、予算オーバーなんです。もう少し安ければすぐにでも購入するんですが。」

営業マン

「それでしたら、こちらの2012年式ではどうでしょう。まったく同じ装備で15万円ほどお安くなっていますので、ご予算に合うかと。」

こんな会話に流れると思いますが、

お客さん

「2013年式を見たあとではやはり一年の差は大きいです。これではやはり無理ですね。もう一度他車を考えるしかなさそうです。レクサスが欲しかったのに残念ですが。」

これでもし、そのままお客さんを帰してしまったらいくらレクサス店でも営業マン失格です。レクサスが欲しい買いたいと言っているお客さんを逃すことは損失でしかありません。レクサスCPOとて、中古車を売ってこその商売であることに変わりはありません。

そして、新車と異なり、一度帰した客が再び訪れる可能性が極めて低いのが中古車販売の特徴でもあるのです。なんとしてもその場で契約まで持ち込みたいのです。

いきなり15万円値引くことは考えられませんが、お客さんを逃さない為のいくらかの譲歩は引き出せるはずです。あるいは、オプション類やサービスパックなどかもしれません。経営的に値引けないのではなくて、ブランドのために値引きしたくないだけで、利益の余裕は十分にあるはずなのですから。

 

レクサスCPOを安く買える時期

レクサスCPO02

もうひとつ、値引きの難しいレクサスCPO車を安く買う方法として、中古車市場全体が売れ行きの鈍る時期を狙うという方法があります。

値引きの可能性が増えるというよりも、プライスそのものが下がることが多いのです。

それは新車が売れる時期のすぐ後である、5月、8月、1月というのが狙い目で、購入する人が少ない時期であるのに加えて、新車を購入したユーザーの下取り車が多く供給されることで、需要と供給のバランスが狂う時でもあるのです。

そうなると、古い在庫車を中心にプライスを下げて、回転率を高めなければなりません。特におすすめは、1月です。価値的には12月とは一か月のさでしかないのですが、購入する側としては、一気に年式が一年下がったという認識になるので、一斉にプライスを入れ替える時期でもあるのです。

ここを押さえれば、ノーアイデアで購入されるよりは、お得な価格で購入できるはずです。

 

最大のポイントは下取り価格

下取り01

車自体はレクサスCPOに任せれば、まず安心なのですが、唯一まかせられないのが、現在乗っている車の下取り価格です。

レクサス車以外では、大半は、トヨタ系列の中古車センターに売るか、オークションにて売却するために、相場以上の下取り価格が提示されるとは思えないからです。

ですから、自分の車の下取りだけは、事前に買取り専門店にて査定をしてもらっておき、レクサス店での下取り価格がその相場よりも低ければ、買取り店での売却を考えるべきです。車種によっては数十万円もの差もあるので、値引きが難しいレクサスCPOでの購入においては、大きな差となります。

その下取り相場というのはどうやったらわかるの蚊と言うと、買い通り専門の比較サイトを利用して、複数の買取り専門店に査定を行ってもらうことでわかります。ディーラーへ行く前に利用しておくことで、新しい車を購入する予算を計画しやすくもなるのです。

かんたん車査定ガイドなら、わずか1分でガリバーやカーセブン等の大手買取業者の見積もり価格を一括で査定することができます!

なびくる査定

『かんたん車査定ガイド』は他社査定業者と違って、1ページで簡単申込みできるのでわずか1分で最大10社の見積もり価格を知ることができる点でとても魅力的です!

中古車を最安価格で探すなら!

やっぱり新車はちょっと高すぎて購入できないかも・・・。

大丈夫です!中古車でも状態が新車に近いほど良くて購入価格も安くて手に入れることが可能です。

そんな方には業界最大手No.1のガリバー中古車検索がオススメです!

国内最大級の品揃えと大手だからこその安心の保証と価格設定が魅力的です。

まずは、欲しい車種をこちらの公式ページから簡単検索してみましょう!

ガリバー

レクサス関連記事はこちら

--PR--
【3人に1人が利用中!】
⇒中古車選びなら業界No.1のガリバーで簡単検索!

Sponsored Links

▼ピックアップ記事▼

2015-10-14_122013 【20代女性必見!】
あなたの予算におススメの車TOP3
2015-10-14_122013 【20代男性必見!】
あなたの予算におススメの車TOP3
2015-10-14_122013 世界最高峰!
静粛性が高い国産/輸入車ランキングTOP3とは?
2016年大流行?!
1500ccおすすめ新中古車ベスト3が凄い!
2015-10-14_122013 【新卒社会人必見!】
100%維持できる人気車ランキングTOP3とは?
2015-10-14_122013 超反則な節約術?!
燃費がグ~ンっと向上する人気グッズTOP3が凄い!
2015-10-14_122013 ディーラーが教える!
おすすめの市販コーティング剤とは?
利便性抜群!
7人乗りおすすめファミリー車TOP3とは?
2015-10-14_122013 30代からの大人向け!
独身におすすめの国産/輸入車TOP5とは?
【女子力向上!】
おすすめの人気車ベスト5とは?

▼注目記事▼

2015-10-14_122013 女性100人に聞く!
オシャレでかっこいいモテる内装とは?
2015-10-14_122013 【美女が選ぶ!】
助手席に乗りたいモテる車TOP10とは?
2015-10-14_122013 【知らないと危険!】
ヤフオクで事故車を売買する際の5つの注意点とは?

▼2016年新車情報▼

2015-10-14_122013 【ニッサン編】
2016年の新型車発売情報まとめ
【ホンダ編】
2016年の新型車発売情報まとめ
2015-10-14_122013 【世界のトヨタ編】
2016年の新型車発売情報まとめ

▼安くて高品質な車特集▼

2015-10-14_122013 【ニッサン編】
安くて燃費が良い車TOP3
【外車編】
安くて燃費が良い車TOP3
2015-10-14_122013 【ミニバン編】
安くて燃費が良い車TOP5
2015-10-14_122013 【SUV編】
安くて燃費が良い車TOP5
【軽自動車編】
安くて燃費が良い車TOP5
2015-10-14_122013 【世界が認める!】
燃費が良い車ベスト3とは?

▼鍵のトラブル特集▼

2015-10-14_122013 鍵が故障!
修理費用代の平均相場と業者選定ポイント
鍵をインロック!
JAFを呼ぶと料金はおいくら?
2015-10-14_122013 鍵をインロック!
JAF以外の開錠方法とは?
【3分で解決!】
ドア鍵が回らない3つの原因と開け方とは?
【1人で出来る!】
鍵の電池交換方法をトヨタ/ホンダ/スズキ/日産で解説!
2015-10-14_122013 【紛失盗難防止】
お洒落な鍵キーホルダーTOP3とは?
2015-10-14_122013 鍵の紛失盗難!
保険はどこまで適用できる?
2015-10-14_122013 【焦らず冷静に!】
鍵の紛失盗難への対処方法とスペア作成料金の相場とは?

コメントを残す